top of page
プリザアレンジM+

プリザアレンジM+

スクエア花器にリボン2本のラインを入れて、よりスタイリッシュになった花器にバラ3輪を使用してアレンジしています。たくさんのバリエーションを揃えていますので、必ずお気に入りの雰囲気が見つかるはずです!

  • プリザーブドフラワーの取り扱いについて

    •  お水やりの世話をしなくても美しいまま長持ちします。
      プリザーブドフラワーはその製法からもお水は厳禁です。よって水替えなどの手間も必要ありません。プリザーブドフラワーは生花のようなお水替えのお世話が一切不要です。しかも活き活きとした状態が長持ちするので忙しい方やお家を留守にすることが多い方、またご高齢の方へのフラワーギフトとしても大変喜ばれています。
    •  乾湿の差が激しいスペースに飾るのは厳禁です。
      プリザーブドにとっての命取りは湿気と乾燥の差が激しい環境です。乾湿を繰り返すと花びらを支えるガクがもろくなり、花自体が落ちてしまうことも・・!乾燥による花びらのヒビ割れは修復できないので、ご注意を!
    •  高温多湿は避けてください。
      プリザーブドフラワー保管の際、湿度30~50パーセント、温度18度~22度が最適といわれています。室温が非常に高いと、グリーンの切り口から染料が漏れてくることがございます。
    •  エアコンの風が直接当たらない場所に置いてください。
      水が下がるという理由で生花にタブーなエアコンの風は、プリザーブドフラワーにとっても大敵です。プリザーブドの花びらは生花以上に繊細で傷つきやすいのです。直接、風を受けると花びらがヒビ割れるなど、ダメージの原因になります。
    •  「直射日光」など強い光を避けて下さい。
      プリザーブドはドライに比べて色褪せしにくいとはいえ、直射日光は避けましょう。照明器具の光も、直に当たれば色褪せは進行します。光が直接当たらず、乾湿の差の小さい場所に置くのが美しい色を長持ちさせるコツです。
    •  濃い色のお花ほど色落ちに注意してください。
      濃い色の花は色落ちしやすく、淡い色の花や布地と接触すると、色移りする場合があります。梅雨時など、特に湿気が多い季節は要注意です。洋服などに色移りした場合は早めにクリーニングをしてください。「染料は食品や衣料に使われているものと同じ」と伝えるとベターです。
    •  プリザーブドフラワーに付着したホコリが気になる場合。
      ホコリを取る際にプリザーブドフラワーが傷つき、ヒビワレなど劣化が生じるためことは直接お花を手や布で触らないようにしてください。プリザーブドフラワーに付着したホコリが気になる場合のお手入れの方法は、うちわで扇いだりドライヤーの弱冷風を少し離れたところからあててホコリを取り除いてあげてください。
    •  お花が破れた場合のお手入れの仕方について。
      ちょっとした衝撃で花びらが破れてしまう場合がございます。どうしても気になる場合はハサミで破れたところを目立たぬように切りとってあげてください。
¥4,500価格
bottom of page